寿屋のこだわり

kodawari

辿り着いたらこの酒でした

日本には約1600もの日本酒蔵があります。
地域の風土や、産地のお米、蔵元の方針・・多種多様なお酒が楽しめます。
長きに渡り、遠回りをしながらじっくりと色々なお酒を飲んできました。
様々な出会いの中、学び、語り合い、盃を重ねて来ました。
今、寿屋がご紹介しているお酒はそんな移ろいの中で辿り着いた結果です。

正直に

その酒は奇をてらう味ではなく、自然と体に染み入る何とも素朴でやさしい純米酒でした。
疲れた体が癒され、食と会話が進み、杯を重ねるごとに旨くなっていく。
これがいい酒だ。素直に感動しました。
蔵元が言ってました。
「ただ自分が毎晩飲みたいと思う酒を造ってるだけです。」
究極の言葉でした。

この人の酒を売りたい。正直な人が醸した個性を大切に。
自信を持って飲みたい酒を売っていこう。

商売下手と言われます。しかしお酒が本当に好きなので嘘はつけません。

寿屋酒店は”正直な旨い”をご紹介していきます。

namae